2018年!
皆様、お久しぶりでございます
「え? 今日から2月?」っと
「本当は松の内期間中に新年ブログをアップしたかったのに時の流れに身を任せ過ぎて実行できなかった自分が悔しいmaki」であります

こんな私ですが、どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

未経験域経験かつ衝撃波が連発した2017年。

【ベスト3】
①三男坊親友(9)のご両親➡あまりにもショッキングな突然死。
(消防士夫(53)が日系看護師妻(45)を銃殺後自殺。)
②お兄ちゃん所属バレーボールクラブが別2チーム買収後に起きたゴタゴタ。
(えこひいき新コーチの理不尽「俺流」バレーによるバレーを愛する健全たる高校生男子ら(16)の悲痛な精神的いじめ)

っとカリフォルニアの晴天をも曇らす暗雲衝撃波。
子供達が感じ取っているネガティブで悲しい闇に私の心も凹み度「尋常レベル」

そんな中、
③シンディー・クロフォード(Cindy Crawford)とのご対面&トーク

シンディー・クロフォードと言えば、ファッション雑誌VOGUEのカバーモデル&コスメ界REVLONのモデルとして90年代をナオミ・キャンベル (Naomi Campbell)、ヘレナ・クリステンセン(Helena Christensen) 、リンダ・エヴァンジェリスタ(Linda Evangelista)、クラウディア・シェファー(Claudia Sheffer)と共に一世風靡したスーパーモデル。
vogue-usa-1992-january-00
写真提供元:http://hercastlegirls.com/fashion-2/cover-it-cindy-crawford-2/

740full-cindy-crawford
写真提供元:http://listal.com/viewimage/3019531h

一体、どうのようないきさつで、南カリフォルニアで普通に普通の生活を送っている日本人ファミリーが世界に知れ渡るシンディー・クロフォードと?

それは...
タマの高校から送られてきたある1枚の諸連絡チラシがきっかけでした。

つづく...。