さて。
公平さ&公正さに欠ける「いきなり辞令 by校長」を簡潔に説明し、
過去ブログ「できない約束」で登場した取扱厳重注意T君ケース任務で私を2年間サポートして下さったRSP上司の返答は...

何それ思いっきりクソだね。勤務でもちろんOK  私が何とかするから心配無用。」
RSP上司からのこの上なく親切な返答に、
THANK YOU SO MUCH、BOSS!!!←心の中で「 きゃ~ 」っと歓喜。
携帯を固く握りしめ、超俊足ハッピーステップを踏む私でした。
めでたく勤務GOサイン。

定時出勤すると...。
事務長メリーアンさんが小走りに駆け寄り、言いました。
「maki  直々上司からOK出てよかったね  学校初日の校長の機嫌は毎年最悪 。だから、校長と勤務時間変更についての話をするのは1時間目終業後以降にしたほうがマシな対応が得られるかもよ。私が今makiのためにできる事はこのくらいしかないけど、Good Luck!」

勤務時間開始後、RSP内では...。
去年から「年功序列」を完璧無視し、異例に勤務から勤務に変更になった助教員のアナ、RSP上司&私で「3人ミーティング」。

アナは2年前、この学校の取扱厳重注意RSP1:1ケース(←私が今年いきなり「 動かせ!」と校長辞令が出て現在受け持っているケース。アナは今年の私のパートナー。)に就いた50代前半の助教員。

「この学校内での年功序列最下位は私。去年1年は勤務してもらえたけど、今年は私がまた勤務に戻るから、私よりも勤務年数が多いmakiが、これまで通りの勤務続行という事に100%同意です。」っと。
「THANK YOU SO MUCH、ANNA(アナ)!!!
っとRSP上司と私。

先ずは、RSP上司から校長にパートナー間(アナと私)での勤務時間変更の件を連絡。

長い夏休み明け初日。
いきなりすぎる校長からの異動&勤務時間変更辞令。
RSP上司の指示下。
その日は、今年受け持つ事になった取扱厳重注意RSP1:1ケースの生徒をアナと2人で共同勤務。

アナは去年もこのケースを受け持っていたので、この生徒&ファミリーの「特徴&傾向」を私に伝授。

そして、事務長からのアドバイス➡「校長に話すなら1時間目終業以降」もクリアーした時間帯になっていたので、上司&事務長からのGOと共に校長に自身からももきちんと報告をしに行ったのです。

んが!

カリフォルニアの真っ青な晴天さえ曇らすか?
っと思うほど校長の機嫌はすこぶる悪く...

今日は学校初日であたしは忙しいの 話す時間なんて明日の午後までないわよ
っと一蹴
うわぁ~最悪。このおばさん校長(60代前半)。腐ってるな。この学校内部。 (再び) 」っと巨大漬物石でいつでも噴出可能な本音を抑えに抑えまくって、
I TOTALLY DO UNDERSTAND.(十分理解しております。)」っとのみ返答した、いや。みなぎる怒り・不信感を抑え何とか返せた私。

その日の午後...。
発令!!
「明日。校長室に出頭せよ。」
にって?

つづく