お久しぶりでございます
2014年10月から始めたこのブログ。
私のブログに目を留めて下さった方々が1万1千人を超えていました
本当にありがとうございます

先週、伝統祭日であるThanksgivingでちょっぴりだけのんびり。
今年もたくさん伝統料理を作りましたよ。
坊達と一緒に。(3男坊は庭に逃避。)

IMG_7577
マッシュポテト用のじゃがいもの皮むき。皮むき=お兄ちゃん&maki担当。
じゃがいもをザクザク切る=タマ担当。(11/23/2017撮影)


さて。さて。
今回の「渡鬼シリーズ」はmaki編。
【警告】
「タマ編」とは大きく異なり、職場内での100万トン超!
出た!! 女世界のヘドロ ドロドロドロドロ。」
密室殺人はなくとも「火曜サスペンス劇場」のドロドロなんかより80倍凄いかも...シリーズの幕開けでございます。

過去ブログ、「できない約束」で綴った取扱厳重注意 T君とのケースを通じ、
私の仕事内容を※1校長(女)が評価して下さり、去年開設された新特別支援学級クラス付き助教員のポジションを頂き、順風満帆のハズだったのですが...。

今年9月。
長い夏休みが明けての仕事初日。
坊達を学校に送り出したら、私も「行くぞ」っと仕事モードON。

勤務時間開始まであと30分。
奇妙絶妙な時間に鳴る私の携帯。

電話は学校事務長から。
「maki~~!!! 朝っぱらからSORRY! 異動辞令の件、聞いてる?」
「えっ聞いてないです。あと30分で勤務時間なんですけど。」
「だよね。だよね。でもね、makiは今年、またRSPに戻って、別件取扱厳重注意の1:1ケース動かせっ!って
※1校長(女)から辞令。私も今聞いたの。あ、あと、勤務じゃなくて、勤務にって校長が...。」
※1 同一人物

50代半ばの事務長、メリーアンさん。
お菓子作りが趣味で、キャロットケーキやシナモンロールを手作り。
勤務前・後に、「maki! これ食べてみて
っと、どこか母親の様に私の事を見守って下さっている事務長。
本当に良くしてくれるんです。

現在勤務している学校に転属になってからもう今年で4年目。
メリーアンさんとは、お互いに遠慮ナシで話せる間柄。

っという事で、

「今年また取扱厳重注意自閉症1:1ケースを扱うのはOK。だけど、勤務っていうのは無理。私、この仕事に就いた時から、「午勤務ONLYってのは学校区に明確表示してるし、いくら校長辞令って言われても無理なものは無理。それに、「年功序列重視」とかあれだけ言っている校長なんだったら、私は年功序列の最低層じゃないです。言いたくないけど、私より年功序列下位の助教員が勤務異動ってのが普通じゃないの? しかも! 勤務時間開始30分前にいきなり勤務辞令だなんて、労働組合⇔学校区との契約に反しているじゃないですか!それでも勤務って言うんなら、今日。ましてや夏休み明け初日。私は出勤できません。」
っとストレートな心情を事務長メリーアンさんに返しました。

アタフタ感いっぱいで、
「だよね。だよね。RSPの上司に(電話)つなぐから、直々の上司がOK出してくれたら、これまでのmakiの勤務時間帯に今日も勤務に来て。私は待ってるから。」
っと事務長。

朝っぱら&勤務時間直前のまさかのハードな心臓筋トレ
ひゃぁぁぁ~。初日から腐りまくってる。この学校内部
っと、職場に対する自身の気持ちが熱いのか寒いのか、よくわからなくなっていた私でした

さて、
過去ブログ「できない約束」で登場した取扱厳重注意T君ケース任務で私を
2年間サポートして下さったRSP上司の返答は...

つづく