精神しょぼしょぼ+期待していた効果が見られず10か月で終焉を迎えた「食事療法」。
ハイ。すんなり次に行きましょう。

GFCFダイエットの以外に試してみた事。

キレーション治療
 
(DAN!ドクター推奨)
もともと人間に備わっている有害重金属(毒素)を体外排出する解毒能力。
その解毒能力の体内機関低下が自閉症の原因では?っと捉えた医療アプローチ。
毒素蓄積で現れる症状は
•不眠 (タマは幼少期の頃から朝までぐっすり寝ます)
•寝つきが悪い (タマには無縁)
•疲労 (タマには見受けられない)
•ストレス (そりゃ多少は感じる事もあるでしょう。)
•ダイエットしても痩せにくい (ダイエットなど不要)
•慢性頭痛 (タマには見受けられない)

尿検査で測定可能だったので、とりあえず検査実行。
有害重金属の代表格と言えば「水銀」「鉛」。
でもこれはどちらも「正常値内」。
「タングステン」とかいう重金属のみが「やや高め」という結果。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
metal
タングステンとは?
硬い。重い。高融点。比較的高い電気抵抗という特性を活かし、①電球のフィラメント②工具③釣りの錘(鉛毒ゼロ&重いので)④防火加工・防水加工素材⑤指輪などのアクセアサリーに使用されている金属。


え~っ? 思い当たるとしたら、防水加工素材使用の海パンか(当時)使用していたおねしょシーツ?」
どこでどのようにタングステンが「やや高め」に蓄積されたのか疑問。
しかし
DAN!ドクターの指示通り、「100%天然物質(クレイ=粘土粉末)を湯船に入れるだけで解毒できる入浴剤」を購入し、重金属デトックスとやらをやってみる事に。(その商品はこちら→http://www.evenbetternow.com/Kids-Clear_Cleansing_Clay_Baths.aspdetoxification_chelation_therapies.php)

【2か月後】
タマになんら変化ナシ。♪ち~ん

毎週末、往復4時間かけて通ったDAN!ドクター。
健康保険が使えないDAN!ドクター。
劇的な自閉症状改善→更には完治(?)へ選択肢の1つであったDAN!ドクター。
検査料+あれもこれもと勧められるサプリメント剤etc.
それと
「あれこれ一緒に試しちゃうと、仮に効果が見えた時に一体どれが有効だったのかわかりにくい。」と思っていた...。(←今だから言える本音 )っという事情から...
ハイ。次。

ゲーム療法
小児科医での健康診断。待合室で雑誌をパラパラめくっていた時に目を引く広告発見。

「ADD、ADHD、自閉症、アスペルガー症候群、うつ、パニック症状、ストレス、頭部後遺症による症状に。
薬を一切使わない療法ならドレーク研究所(Drake Institute)」

自宅から車で30分程の所にある研究所の説明会に参加してみる事に。
説明会では...
同年代健常児の脳波活動(qEEG=Quantitative Electroencephalogram) との比較対象により自閉症や他の発達障害者の脳のどの部分がdormant(眠っている状態)なのかピンポイントでわかるBrain Mappingとやらを作る➡メインの療法内容は「脳が集中している時のみ、飛行機を安定・平行飛行させる事にプログラムされているゲーム使用。その「集中の感覚」を覚える事で脳波を整える➡「感涙保護者の声」ビデオ放映➡最後にお待ちかねの「料金」=当時で約80万円~100万円也

「まずは、Brain Mapping作成(要は脳波取る)費用のみ支払えればそこから。」
との事だったので、Brain Mapping費用を支払いました。
当時言葉を今ほど理解できなかったタマと疎通できないスタッフの イライラ感が親にも伝わてきます。
それでも脳波を取る「センサー」を無理やりタマの頭に付けようと...。タマが騒ぐ。スタッフのイライラ度マックス。そんなスタッフを見て私もイライラ。
「もう結構です。」と断っちゃいました。
翌日、所長じきじきに電話が
「何か不手際がありましたか?」と。
「これまで、無発語や言葉の理解度が未熟な自閉症児を扱った症例は何件くらいあるのですか?タマに対するスタッフの接し方を見て、この療法は合っていないと思いました。」
所長からは...
出ました!
「ディスカウント」「別のスタッフ」オファー。
それでも私の決断は変わらず。
NO THANK YOU!
そもそも考え直してみれば、今も昔もタマに必要な事は、集中力ではなくコミュニケーション力。
それならば、コミュニケーション力を伸ばす「アナログゲーム療育」を開発された松本太一さん(twitter➡@gameryouiku)のプログラムの方が合っているのでは?と思っています。いつかアメリカでも松本さんの療法を紹介して欲しいです。

小児鍼
危うく高額療育費を払いそうになったDrake Institute説明会での「ある言葉」に実は ひらめき をもらっていたのです。それは"DORMANT(眠っている状態)"という言葉。
「それならそのDORMANTの部分に直接刺激を与えられる鍼治療は?」と思ったのです。
なんと
私の街に住んでいる日本人女性針灸師「ユキ先生」をダンナ知人が紹介してくれたのです。
私も実際に治療を見るまでは、鍼を♬びよよぉぉぉ~んと刺して...。のイメージしかありませんでした。
「タマ大丈夫かな?」っと不安に思っていました。
が! 小児鍼は、
•江戸時代)からある治療法。
•「疳の虫の鍼」としても有名。
•名月の日に「月見鍼」をする習慣もある。と学習。
更に!
大人の鍼治療とは異なり、小児鍼は専用「鍼」を使い、体に鍼は刺さないのです。
dc21702843186a671d6f8760f99b9be4
ひゅぅ~っと優しいタッチで皮膚の表面をさする感じなのが小児鍼なのです。
はじめは「 何?何?何が始まるの?」とタマの警戒心大。
でも、ユキ先生が治療開始後すぐに、とってもリラックスした状態に。
脳ストレスも解消され全身治療ができる小児鍼。
効果の持続性に関してはわからないですが、ユキ先生の鍼治療はこれまで試してきた「障害そのもののみの退治」療法とは違う全心身リラクゼーション法でした。
小児鍼治療にも健康保険は適応されない+自宅まで来て治療して下さる=料金は高めでしたが、タマにはとてもいい治療法だったと思います。ユキ先生は、順天堂大学で漢方の勉強をするため日本に帰国
小児鍼治療はこれで終わりに。
でも 私のダンナの実家が山口県という事で、ユキ先生ご自身が「山口に行く時には可能な限り何度でもこの先生の所に行きます 」っと大絶賛されているカイロプラクターの先生を紹介して下さいました。

カイロプラクティック・頭蓋オステオパシー治療
ダンナの実家に帰る時には、どうにか時間を作ってでも行きたいのが「石川カイロプラクティック研究所」(現在は頭蓋オステオパシー中心)。千と千尋の神隠しに出てきた食堂街っぽい、やや妖しげ雰囲気漂う古い商店街のこれまた古いビルに所在。研究所開設者&施術者でもある石川修一先生は、正に「 選ばれた者 」的な方なのです。
石川先生の何がすごいかと言うと。
「ここが痛いですか?」
ではなく
「ここが痛いですね。」 っと「気」の流れでを見るだけで、直接体に触れずとも、手をかざすだけで全てお見通しなところ。 

タマの様に、言葉での表現が苦手・全く言葉を発せない方達でも大丈夫です。
そして治療の際にも体に触れる事はごく少ないにも関わらず「何これ?すっごくスッキリ 」っと思わず発してしまうほど全身の調子がぐ~ん と良くなるのです。
初めて見た時には「何かのパフォーマンス?」と思った石川先生独自の患者の体に触れないOリングテストもすごいですよ。

初診の際には不安から何やら「 もじょもじょ」うなっていたタマ。
毎日ひっきりなしに入る予約患者で多忙スケジュールを独りでこなされているにも関わらず、
穏やかな笑顔と山口弁で「ええ子じゃねぇ~」っとタマと接してくれました。
2回目以降は、タマ自身率先して石川先生の治療を受けていいます。
石川先生の治療を終えたタマは 目の輝きが増し、とてもリラックスした状態になります。
タマが知っているありったけの言葉を使ってでの表現もきりっとした自信に満ちた発声に。
あまりのタマの幸せ感いっぱいな様子に「俺も」「私も」っと結局一家全員で石川先生にお世話になっています。石川先生の治療を受けに山口県に行くのもおススメ。山口県・近県に行った際に行くのもおススメ。
文章での描写ではどうにも表現できない程全身「楽~~~」になれるゴッドハンド石川修一先生の連絡先はこちら。(要予約)

石川カイロプラクティック研究所
〒750-0004 
山口県下関市中の町1-16三林ビル2階
Phone: 0832-35-6911



まとめ
上記以外にも、エッセンシャルオイルマッサージ、漢方など色々と試してきましたが、自閉症診断から11年経過した現在でも続けているのは、学校でのABA、自宅での「ゆる~いABA]、それから山口で行ける時に行く石川先生の全心身治療のみ。今は、ゆっくりでもタマが自分でできる事を更に増やせていければいいなと思うのみ。必死だった頃の私が必死になる理由は何だったんだろう?っと振り返ってみると、そこには「自閉症なんか消えてなくなればいいのに。」と秘めた自己願望のみだった私がいた事に気が付きます。タマ自身が望む事ではなかった事の方が多かったと言えます。つい最近、自閉症診断が出て必死にABA!ABA!っとなっているお母様達の心境、よくわかります。私も通ってきた道だから。でも、ABA(の他にも)に必死になっている本当の理由は? 私は今はABAの基本(できたら褒める・一緒になって喜ぶのがうち流ABA基本に入ってます。笑)のみで、タマができる事を増やしていますよ。最近タマができるようになった事。それは食事後の食器洗い。最初は一緒にアワアワのスポンジを持って、お皿、コップ、お茶碗を洗ってからだったんですけどね。 笑 何事も積み重ね! 積み重ね! ...ですね

dishes
By Tama