皆様お久しぶりです
いかがお過ごしですか?

南カリフォルニアは、秋の猛暑中
くそ暑いです。笑
先日も最高気温41度とサウジアラビア化した気温...。

長い夏休みが明け、8月31日に仕事現場復帰
勤務校は、これまで2年間「できない約束」で登場したT君と学んだ学校。
なんと
同校に重度中学生特別支援学級が2クラス新規開設。
私はそのうち1つのクラス付き助教員として勤務しています。

T君と共に学んだ普通学級内での支援で見えた事・出会えた普通学級生徒達と築けた信頼関係。
全てありがたい経験でした。

取り扱い厳重注意だったT君のケースでしたが、お陰様で、私の仕事内容を校長が評価して下さり、
希望していた新特別支援学級クラス付き助教員のポジションを頂けました。

今年8年生になったT君は...
別の中学校のMMクラスに転校。
T君、転校先での初日は大丈夫だったかな?」
「(お母様に言われて)新しい学校でも拾ってるのかな?ペットボトル...。」
ちゃんとランチ食べているかな?」
っとT君の事を考える事もよくあります。

でも。
2年ぶりに特別支援学級内での仕事現場に戻ることができ「やっぱりココでの仕事が私には1番
っと思ています。

T君が大好きだったランチを食べる場所。T君が大好きだった校庭のジャングルジム。
T君が大好きだった「セリフ」。T君との2年分の思い出が詰まった学校風景の中で新しい7人の生徒達との学びが始まりました。

今年から勤務の新クラス。
6年生のみなので生徒数は7人。
そのうち2名のみが発語可能。
残りの生徒達は無発語。
自閉症児は3人。
自閉症児3人のうち2人は、3年前、別の学校勤務時に一緒に学んだ生徒達でした。
新しい教室で私の顔を見た時に、大きな笑顔を見せてくれました。
そして、一生懸命 自分の名前を書いてくれました。
3年経っても私の事を覚えていてくれた事。とってもとっても嬉しかったです  

「言葉を発しなくても、気持ちが繋がっていれば双方の心は伝わる

生徒達は各々、学校支給のiPad、絵カード、手話を使ってコミュニケーション法を学んでいます。
ABCや数字認識も「これから」の生徒達。
各生徒のIEPゴールの把握。各ゴールに合わせた教材作りなどで毎日忙しく勤務しています。

タマ?
タマは今年8年生。
中学最後の年です。
毎日の宿題(スペリング)をこなした後は、3男坊と庭で元気に遊んでいます
tama


長いブランクの後でのブログ続編になりますが、近いうちに前回の予告通り、
「ABA以外の療法」についてのブログをアップしますね。