「DROに関しては次回のブログで」と言い放ち...

2か月ぶりの"HELLO!" from Californiaです。
9月に日本一時帰国から戻って以来、プライベートでも職場でも想定外な事オンパレード。一番の極めつけは3男坊 腕の大骨折 。手術&入院要だったため、私は仕事を3日休み、病院でのお泊りも。
「俺が泊まろうか?」と言ってくれたダンナ。
「ここは私でしょぉぉ! 一番チビなんだから!」っとオファー却下の私。
お兄ちゃんとタマが次の日に学校で食べるランチを作り、家の事をあれこれ片してから夜10時過ぎに病院へ。
そこで目にしたモノは?!
おじいちゃま

『孫と病院お泊り』のお役目を承ったのですね。

私が3男坊の部屋に着いた頃、おじいちゃまは「こぉ~ こぉ~ 」っていびきをかいて爆睡中
男3人(かわいい子供x2。メキシコ人のおじちゃんx1。)の部屋にカーテン一枚のみで仕切った部屋に私がいる...みたいな。 いいですか?おじちゃんが若干1名同室してるってことはですよ、自宅にいる時のように涼しい顔して放屁なんかダメだし、SBDなんかもってのっほか!(SBD=Silent But Deadly=無音だが致命的(激クサなやつ))。 まぁ、実際は おならとか、食べる事とか、そんな類の事など一切頭からないくらい、3男坊のひどい骨折&お兄ちゃんとタマの毎日の事、仕事の事でグルグルグルグルしてました。
こんな時は「親が近くにいたらなぁ~」ってつい親の手を借りたくなります。

【親の手 特典】
①朝食の準備やってもらって、私はその間寝る。
②夕食の準備やってもらって、私はその間寝る。

でも!
誰に頼まれたからではなく、海外生活を選んだのは私自身。
「だから自分でなんとかする。」

3男坊
腕は8週間経ち、治りつつあります。
まだあと2週間ギプスです。

仕事
今とても動きがある時。
スリリングなライドになるのはもうわかっていますが楽しみです。
思う方向に行こうと決めています。

このブログの主人公タマ
今週あたまに去年から続いているIEPに。
「ハウルの動く城」に只今 ゾッコン中。
なぜか「荒地の魔女」に毎回爆笑スイッチONになっています。

次週木曜日(11/26)は、Thanksgivingというアメリカの伝統祭日。
子供達の学校も来週1週間休み=私の仕事も休み‼

ちょっとゆっくりしたいと思います。

あっ!
DROは次回に。
本当はあんまり教えたくないABAスキルなんですけどね。ふふっ