前回の【Q】。
特定の遺伝子異常が原因で、先天的に100万人に1人発生するというある疾患があるとします。

99.99%正確にその遺伝子の異常の有無を診断できる方法があるとします。

あなたがこのテストを受けました。

陽性「+」と結果が出ました。

あなたは、どれくらい深刻に事態を受け止めますか?

陽性「+」が出たので99.99%で発病?

「あ"~!もうダメだぁ~ 」と悲観的に?

過去の私なら、太鼓判を押して「あ"~!もうダメだぁ~ 」になっています。笑

でも、実際はどうなのでしょうか?
落ち着いて考えてみましょう。


100万人に1人に発生する疾患なので、999,999人は大丈夫ということになりますよね。
100万人全員に同じテストをすると...。

【遺伝子異常のある人が陽性「+」になる確率】
1人x 99.99%=0.9999

【正常な人が陽性「+」になる確率】
999,999 x 0.01%=99.9999 ←誤診数の確率すごっ

【陽性「+」が出た人が遺伝子異常を実際に持っている確率】
0.9999 ÷ (0.9999+99.9999)=0.0099≒1%
あら?
信じられないですが、確率論は「約1%」という結果に。


「何人に1人」という数字だけを見ると、焦って思い込みをしてしまう事って多いなと思いました。
羊水検査は99.99%正確と言われているので、私の血液検査で出た確率1/40(ダウン症) 1/87(18トリソミー)&現在言われている自閉症児が生まれる確率 1/68も当てはめて計算してみると、「実際に起こりうる確率」はそれぞれ約6%、1%、2%と結果が出ます。

数字を見るたびに、いちいちこんな計算をしながらの生活はしていませんが(するワケがない !数学大嫌いなので。笑)、思い込み解釈で一喜一憂する前に、特に、ついマイナス思考になってしまうような数字を見聞しても、深呼吸で冷静に考えてみて下さいね。そんなに悪くもないって気が付く事が多いですよ。