カウンセラーの説明で把握した事はこちら。
➡ABAとはApplied Behavior Anaysis(応用行動分析)の略。
➡UCLA(カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校)のロバース博士が自閉症の症状改善のために開発したセラピー法(療育法)。
➡ABAを用いた早期セラピーで、「劇的」な効果も期待する事ができる。
➡ 「劇的」とは自閉症児からいわゆる健常児になれる的なレベル。
➡自腹で個人専属セラピストを雇ってABAセラピーをやろうものなら、月に50万円以上かかる。
➡ABAセラピストは民間企業から派遣される。

maki:「で?療育って具体的にどんな事をするんですか?」
カウンセラー:「それは、Apple Tree保育園に行けばわかります。ABAセラピー提供企業に、タマ専属のセラピスト派遣要請手配をするので、入園の手続きを早急に。」

タマはついにセレブな保育園、Apple Treeに入園。しかし 5ヶ月後には電撃退園。恐ろしやApple Tree。そこは非常にデンジャラスな保育園だったのです。驚愕の「はぁ?」の連続。例えば...
1)てきと〜な園長&スタッフ
自宅から毎日持参のランチ。「完食」と日誌に記されている日でも、自宅に戻ってまぁびっくり!朝に詰めたままの手つかず状態ということ数回。問い合わせると「ランチの時は見てなかったからわからない。」「今日が誕生日だった子の親御さんが、お祝いにみんなでってランチの差し入れを持って来てくれたので。」「間違えて「完食」に丸付けちゃいました。でも、ちゃんとスナックを食べてるから大丈夫です。」とか。
2) 偽言!「トイレトレーニングします。」
これまで好調にトレーニングが進んでいたタマ。Apple Treeに入園してから大小垂れ流し頻度激増。タマのバッグから毎日のように「もわ〜ん」とゆらめき出る高濃度の黄土色な臭い。《豆知識》汚れた下着はスーパーの袋にぽいっと入れるだけというのが、アメリカではどこの保育園でも普通 日本の保育園とは大違いです。スタッフに「トレーニングはどうなっているんですか?」と聞くと、「トイレが教室外にあるからなかなかタイミングが合わなくて。しばらくはパンツ式おむつにしてもらえますか?」とか。
3)放置保育
photo-2
お迎えに行くと...
⬅「試合後のボクサーか?!」と思わせるタマが。「何があったんですか〜?!」 と驚いて聞くと、「たまたま誰も見てなかったので詳しい事はわからないんですけど、噛む子にやられたんです。」と園長。この対応で、これまでの数々の状況に不信感を募らせていた私の堪忍袋の緒が「ぶちっ」と切れました。ココからは当時の感情を100%再現するために生の英語でお送り致します。
maki: "Are you kidding me right now? I'm not putting up with any of the bullshit that this preschool has given to Tama! I'm SO DONE with this place! I'm NOT sending Tama here anymore because I can take much better care of my son!" (あなた今ふざけてる?この保育園がタマにしてきたしょうもなくクソでもない事、もう我慢できません!こんな所もういいです!自分の息子は自分で見る方がよっぽどマシだから、もうこんな所には通園させません!)
Director: "Well, sorry. We are doing our best though..."(えっと、すいません。ベストを尽くしているんですけど...。)
maki: "Obviously, YOUR best doesn't meet with OUR needs, and this place is nothing but dangerous to any children with special needs!"(あなたのベストがタマと私のニーズには合ってないってのは明らかですよね。こんな所、障害のある子供達にとっては危険な所以外何モノでもないです!)
Director: "Ah, excuse me... You are gonna have to contact the counselor, I think..." (あ、すいません...えっと、カウンセラーに連絡しないといけないと思うんですけど...。)
maki: "GOOD BYE!" (さようなら!)
この日の夜、お兄ちゃんの保育園ではクリスマスコンサート。タマも、痛々しい顔で日本のnana(=アメリカで一般的に使われている「おばあちゃん」という英語。) にもらったお出かけ用の服を着て、お兄ちゃんのパフォーマンスを見に行きました。上の写真はコンサートでの写真です。
え?どうしてもっと早くApple Treeから退園させなかったかって?もちろん、退園に至るまでには何度もカウンセラーに電話でApple Treeの「気になる点」を話していましたよ。「ABAセラピストが来るからもうちょっとだけ待って下さい。今、必要書類を提出している所ですから。保育園には私からも指導しておきます。」というカウンセラーの言葉をそのまま信じて、「ABAセラピーでそんなにすごい改善が期待できるなら、もしかしたらタマだって!」と思っていた私がいたからでした。ダメでしたね。結局、ABAセラピストが保育園に来てくれたのは、入園から4ヶ月後。退園1ヶ月前でした。もう1つの理由は、Apple Tree専属のスピーチセラピストのジミー先生。タマは毎金曜30分、1対1でのスピーチセラピーを受けていました。「タマはもしかしたら耳の聞こえがあまり良くないかもしれないよ。"BALL"という音も最初の"Bah"の音しか聞こえていない様子ですね。1度検査をしてみませんか?」という先生の言葉で耳鼻科に行った結果、「耳に少し水が溜まっている」という事がわかり、耳にチューブを入れて水を出す手術をしました。ジミー先生は「もっとスピーチセラピーを増やした方がいいと思いますよ。」と最後に言ってくれました。
とにかく!Apple TreeとはGOOD BYE! ココからまたまた色々な事が始まります!笑
 P.S. Apple Tree保育園は、タマ退園の数年後、閉園になりました。