August 22, 2020

温故知新③


🇺🇸3月〜6月のオンライン学習。
学校も
子供達も
親も
模索しながらの体験。

🙊「言わざる未遂」で
ぶぅぶぅ言っていた私でしたが…
今回のブログシリーズのタイトル「温故知新」

100年前に、私の曾祖父母・祖父母も、福井県(←私の母の故郷)で体験したであろう「コレラ」と「スペイン風邪」に触れる機会で、時代背景は違くとも、私自身が改善・工夫できる点に気づくことができました。

「じぃちゃん+ばぁちゃん。おおきに。」

【じぃちゃん・明治時代の疫病=コレラ】
明治10年、12年、15年、18年、19年、28年。
集会・水泳・古着/魚販売禁止、別町への交通遮断されるほど、特に激しい流行をした12年と19年。

【明治時代の生活】
「従来の和装を祭事の際に着る服装として、洋装を正装とする」法令(明治11年/1879年)
→服装の西洋化は、庶民の間では進みにくい傾向。でも、女性に関しては進みやすい傾向だったそう。
いつの時代にもハイカラな女性は多くいたのでしょうね。それにして、衣服まで国の法令でって今ではあり得ない事ではないですか?
コロッケ、カツレツ、ハンバーグ、オムレツ、牛鍋(すき焼きの砂糖無し)
→今では当たり前のように食べられているものですが、じぃちゃんの時代には贅沢品。
マッチとランプ
→従来の行灯・蝋燭よりも扱いやすさ+低価格が好評。海外輸入の石油式ランプ
ブームに。
氷式冷蔵庫
→明治30年ごろ。木製の箱に氷の塊を入れる簡易冷蔵庫登場。

【ばぁちゃん・大正時代の疫病=スペイン風邪】
スペイン風邪は「H1N1型」=A型インフルエンザ。
第1次大戦末期の1918年以降、当時の全世界人口の約3割にあたる約6億人が感染。
2千〜4千万の方々が死亡。たった15年だったこの時代。疫病のみならず、震災、大正デモクラシー、第一次世界大戦が起こるなど激動の時代。

【大正時代の生活】
庶民の服装もの西洋化がすすむ
→女学生のはかま姿+編み上げブーツが基本に。
いわゆるサラリーマンの男性は、洋服で仕事。自宅では和服・ステテコでくつろいでいたそうです。
ライスカレー、コロッケ、ポークカツレツ
→この時代の「3大洋食」。
カレーライスは、日本海軍がイギリス式カレーを食事として取り入れられたことが始まりだそう。
コロッケのタネはクリームだったそう。庶民風にアレンジしてじゃがいもに。
とんかつもアレンジ。ごく少量の油で揚げていて、炒め物に近い料理だったそう。
電気・ガス・水道などのライフラインの普及
→都市部を中心に普及し始め、生活の利便性が良くなり出したのがこのころ。
大正12年/1923年に起きた関東大震災で、鉄筋コンクリート建物の耐震性に注目されたそう。
新聞、雑誌、ラジオ、サイレント映画
→サラリーマンが増えてきた事で、娯楽ものが生まれてきたそうです。
「中央公論」や「文藝春秋」掲載のエッセイ、講談社の大衆雑誌「キング」も。
新聞も娯楽の一部だったとは。
なるほど、当時の広告は機智に富んでいたわけですね。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

IMG_5951
(大正3年 少年政界・8月号)
水中旅行用潜水眼鏡
「魚族自由に捕獲するなぞ其愉快」

IMG_6088

(大正5年 森下仁丹・新聞広告)
この子供向けの全面広告は、右から左に読んでください

【私たち・現在の疫病=COVID-19/新型コロナウィルス】
2020年2月11日、SARSコロナウィルスを株とする新型ウィルス。
最初にこの新型ウィルスが発見された2019年の19を取って、
"Corona Virus Didease" = "COVID-19 とWHOが命名。

【今の生活】
スーパー、コンビニ、インターネット

【休校辞令直後からの私が住む街・学校区の対応】
●個人で使用できるノート型パソコンが無い生徒に各1台ずつ貸出。
●WiFiがない家庭にはポケットWiFiを貸出。
●0〜19歳までの子供たちに学校給食を朝+昼無料提供。

文句など言えた筋では無いですよね

「酒と煙草ばっか呑んで、たまに腰上げたか思たら、屁しかこかん。どもこもならん。」と、ばぁちゃんがじぃちゃんに言ってたけどね…笑笑。
そんな時でもじぃちゃんは
「かわいいのぉ。」ってニコニコしてたっけ。

9月1日から「オンライン学習」での新学年。
タマは今年高校最後の年。
新しいABA民間企業のセラピーチームとの1:1サービスも開始します。

●私自身の改善点=9月だって、まだまだみんなで模索しながらのオンライン学習に文句を言わない。
●私自身の工夫=前々から思っていた「タマだけの教科書」をタマと一緒に作る。
これについては、次のブログで



hazloquepuedas81614 at 21:11|PermalinkComments(0)

August 21, 2020

温故知新② 

前回、「保護者の声」を読んでの皆さまのご感想・ご意見は?
私の正直な反応は、

「うわっ。自己中の極みっ。親⇄学校公式SNSの場で、
よくもまぁここまでいけしゃぁしゃぁと自分の都合を言えたもんだ。」
🙈「見たくない。」
🙉「聞きたくない。」でした。
が。
保護者からの投稿で、
3月中旬、突如オンライン学習に変更後の自身の素行を振り返る機会に。

【タマ在籍特別支援学級オンライン学習】
1時間x週1の「クラス全体学習」。
の昼食をガッツリ作ってる時間帯)
1時間x週1の「タマ所属 BEST BUDDIES⬅︎普通学級生徒と合同のクラブ活動」。
(馴染みある朋友の顔を見てタマ大喜びでも、クラブ活動内容の理解度は10%ほど。)
25-30分x週1の「1:1言語セラピー」。
(昼食後すぐ。休校前には30分x2あった「グループ言語セラピー」は0ゼロに
90分x週2の「1:1ABAセラピー」
学校区+特別支援学級からの総500頁越えの膨大な課題
(月曜日に提示され金曜日までに提出。)

全部やらなくていいですよ。」
という爽やかなキャッチフレーズと共に出題された課題。 

ひとりひとりのニーズに合った
学習目標(IEP)への学校区からの配慮は、ほぼほぼ無しでした

(⚠️ここ。IEPの法的手順として欠かせない「サービス提供・学習環境に変化がある際には事前告知必至」も便宜上ちゃんとあった上でですが…。) 

ココからはじまった「今」のタマには:
【簡単過ぎ】(タマ単独でOK)
例) なぞり書き+ぬり絵方式で、「小文字の『a』を見つけよう。」
点結び形式で、「5匹の猫の絵、3つの風船etcを『5』『3』etcの数字表記とマッチさせよう。」
【丁度いい】(タマ単独でほとんどOK。『』となった際に私に"あいに〜どヘルプ" ("I need help"=教えて。助けて。)
例) 小学生向けの読解問題。
たし算・ひき算・かけ算の基本復習・文章問題。
「買い物での支払い金額が。$7.98だったら$1札は何枚必要?」
美術の課題➡︎「家の中にある『A~Z』ではじまる物を3描いてみよう。」
【難関過ぎ】(『誰』の課題?=『母の私っすか?』レベル
例)「仕事vsキャリアの違いを説明してみよう。」
「将来の夢の職業をリサーチして、11枚のスライドで発表しよう。」

先生方もいきなりの「オンライン学習」で必死だったので手一杯。
生徒たち+親たち+家族も、学校区からの強制要請でてんてこまい。
⬆︎ここは本当によくわかります
そんな中での精一杯の姿勢。

え?もちろん。タマは、耳を揃えてなんとか全課題を提出しましたよ
難易度極高のやつは、タマ+母との絶妙コラボで。→母がどんなに簡潔に説明しようとしても・説明できない事に、
「I don't know. / わからない。」と素直に表現する率直なタマの意見を尊重。
「この課題で、タマが学べた事は『コピペ方法』」+「すいません。母の独断で、学習目標をアレンジさせて頂きました。」と、先生方への文章を打つのは母。
タマは笑顔で『送信ボタン』
先生方は、こんな母がためのそんなタマの姿勢を愛情たっぷりで受け容れて下さいました。


なのに。

maki:「全部やらなくていいとか言うなら、
特別支援学級生徒全員のニーズひっくるめの課題出さないください! 
この状況以前+渦中でも、
学校区にタマだけのためになんとかしろとか、
タマの事を学校や他の方たちに丸投げした事なんてないし。
タマの事は私がちゃんと見てますから。
生徒全員のレベルひとからげでカバーするのではなくて、
せめて、『同じような感じのグループ』に相応しい課題を選んで提示してくれたら、
先生方が時間をかけてスキャン+提示してくれた課題がもっと有意義になるのに!」
っと、大量ヘドロを吐いていた「自己中」は私です。

🙊 言わざるは遂行できていなかった自身の素行…。

タマのIEPを最重要視したオンライン学習プログラムに最も寄り添うことが可能だったのは、
タマの1:1セラピストチーム(学校区雇い/派遣ABA民間企業)。
さすがABA/BCBAのプロフェッショナル。
(ABABCBAも自閉症の特効薬・専門家ではないと言う私個人の見解はこちら。)
心底感謝しています。

でもね…。

ここの企業。
経営トップの入替で、
「💰歩に合わない学校区ケースとの契約更新は無しと決断。我が社からのサービス継続したいなら、
自己の健康保険を使う事を検討してね。Good Luck🍀」と、「夏休み直前公式文書」が届き…。

この文書には、
学校区自閉症プログラムマネージャーも
この企業勤務のタマのセラピスト・チームも
親たちも、一同揃って、
え〜?!本気
マジ
)
っすか?」状態になった事は言うまでもありませんでした。

maki: 「そういう事言ってくる経営トップがいる企業。誰が自腹切って
健康保険使ってまで
)
継続するかっ💢」と、ココでも「🙊言わざる不履行」の母でありました。

つづく






hazloquepuedas81614 at 17:04|PermalinkComments(0)

August 17, 2020

温故知新①


ふる
)
きを(たず) ねて新しきを知る。

●手洗い
●マスク
●うがい
●休校
●集会禁止
●外出を控える
●紛い物に注意

実はこれ。
100年前にも喚起されていたこと。

ひょんなきっかけから、100年前に世界で流行した「コレラ」と「悪性感冒」=「スペイン風邪」
に触れる機会が。

100年前といえば、
明治(コレラ流行)生まれの祖父+大正(スペイン風邪流行)生まれの祖母の赤ちゃん〜幼少期時代。
名前しか知らない、私のひいおじさん+ひいおばあさんが生き抜いた時代。

こちらが当時の広告。
IMG_6051 copy
上部。
右から2番目の赤帽子のおぢさまの飛沫描写は、
現代では「特撮スローモーション動画」で表現可能なやつ。
はっきり言って胸糞悪くなる「くしゃみ飛沫映像」には敵いませんが、なんとも微妙な「からし色」を用いての飛沫描写はお見事。

そして、その赤帽子のおぢさまの付近に座っているおられる方々が沈黙を決めている描写。
きちんと履物を脱いで、車窓を楽しむ幼女。
雑誌を広げて平静を保つ・保とうとしている母親。
赤帽子の方とは、やや逆方向を向きうつむいている最右のマスクの女性。

赤帽子のおぢさまの左に座り、ちょっぴり微笑しながら「マスクをかけぬと..」と思っている男性から、
昔も今も変わらない日本人の謙虚さと同時に、
「はっきり物申せぬ」日本人の有耶無耶感も、伝わってきます。

が。

:「他の方々を思いやる」⬅︎「お前さん。健康がいちばん。お前さんが病気になったら大変になるご家族があるだろうよ。だから我が身のみが良かれと思う行動は慎むべき。」と想う・願う気持ちが込められていながらの謙虚さを、この広告の左半分から
感じとる事ができます。

左半分の広告はこちら。
IMG_6051

『病の敵にある間は 親と子の居間も隔てて身を守れ』
上部。
マスクをして看病する奥様。
遠慮・ビクビクしながら食事を運ぶ女性。
お香なのかお線香なのか私にはわからない謎のデカイ
キリキリした煙を出すもの。

下部。
長女と赤ちゃんの長男と穏やかに時を過ごしている様子。
背後では、楽しいお茶の時間を示す丸く優しい湯気を立てているやかん。
 
:「自分の都合さえ良ければ良い」っという差異を感じている私です。

こちらは現在夏休み中。
9/1〜10/5まで「オンライン学習確定」。

学校は、先週から「ZOOM保護者Q&A」開始。
我が家坊たち在学校+保護者を結ぶSNSアカウントは、
保護者からの得手勝手・空理空論も多々。
母親A:「オンライン学習なんてくそくらえよ。うちは夫ひとりの稼ぎで貧困家庭なわけですよ。大学の単位取ろうとしてるから、あたしは仕事はできないし。9月から大学もオンライン授業だし、あたしが勉強したい時に子供2人のオンライン学習のサポートなんてできない。子供を見てくれるところに払えるお金はないのにどうしろっていうの?」

父親A :「科学研究調査で、5歳〜10歳の感染リスクはいちばん低いって読んだから、うちの7歳と10歳の娘達のクラスだけでも教室授業再開してもらえないかな?」
上記「保護者の声」を読んでの皆さまのご感想・ご意見は?

つづく…


私の非常に不定期なブログを読んでくださっている日本の皆さま
連日猛暑の中でも、「1日3回は大笑い(少なくとも) 」。
どうか衛生+健康にお気をつけてお過ごし下さいね
See you again HERE soon!


hazloquepuedas81614 at 22:58|PermalinkComments(0)